優良運転者表彰について

タクシー運転手として営業するために必要な乗務員証、思い返すと二種免許・地理試験と学生の頃を思い出すような勉強量でした。そんな乗務員証の上に貼り付けてある例のアレ…色が5種類もあるのご存知でしょうか?(自分の営業所は在籍500名前後ですが、街中での営業中も含めて、4種類までしか確認できていません。)

今回は例のアレ(以下・優良証とします)について…

  • メリット
  • 表彰のための条件
  • 銀座で正座の表彰までの流れ

以上の3点を解説していきます。

<メリット>

表彰を受けると、営業所の評価ランクに左右されずに、都内27箇所(2020年6月現在)優良乗り場を利用することができます。

東京タクシーセンターでは、事業者(タクシー評価制度)と運転者(優良運転者表彰)それぞれを評価しています。乗務員の皆様なら一度は耳にしたことがある(実際にやらかしてキツく怒られた?)事業者の評価に影響を与えるものがいくつかあります。銀座の乗禁違反・駐停車禁止・スピード超過(赤キップ)等々…事があると点呼で管理者が気合い入れて怒るアレです。笑

1年に1度、タクシーセンターが事業者をABCと3段階のランク付をして、Aを優良事業者と認定しています。タクシー1台につき1枚優良ステッカーが配布し、ステッカーをフロントに掲げておくと優良乗り場を利用できるといったルールになります。ざっくり都内では400の事業者があり、そのうち300が優良認定されているようです。会社選びでは確認しておきたいポイントでもありますね。

会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

話が長くなりましたが、たとえ自分の所属している営業所がBCの評価(優良落ち)を受け優良ステッカーが無くても、個人で優良証を付けていれば都内27箇所の優良乗り場を利用できるのがメリットになります。優良ステッカー=優良証のイメージでOKです。

個人的には、数年前に営業所で乗禁違反が連発、優良落ち確実との噂で、好き勝手やって迷惑かけたのにヘラヘラしている乗務員にイライラが隠せませんでしたが(結局、加点措置の救済により難を逃れた模様…)もう営業所の評価なんて関係ない!勝手にやってくれ!とイライラの対象が減ったのが最大のメリットだと思っています。笑

<表彰のための条件>

大きく分けて、①勤続年数タクセン事案事故違反の3つの条件をもとに、表彰の資格有無が決まります。人によってパターンが様々だと思いますので、あれこれは?と感じたらタクシーセンターに確認を取ってください。どの条件も3月31日が基準日となります。

①勤続年数

ピンクオレンジ
一般表彰(5年)10年表彰20年表彰30年表彰特別表彰(40年)
5年10年20年30年40年

簡単にまとめると上記の通りです(後で解説しますが、同一会社に勤続だと把握しやすいです)会社を移籍したり、他業種から出戻りで空白期間があったり、個人→廃業して法人へといったような色々なパターンがありますが、実は法人タクシー運転手の場合は、同一会社に所属しなくてはいけない以下の縛りがあります。

ピンクオレンジ
一般表彰(5年)10年表彰20年表彰30年表彰特別表彰(40年)
5年7年15年20年25年

最初は誰もが青色の一般表彰を目指す事になりますが、タクシー運転手を5年続ければ勤続年数をクリアという訳ではありません。上記にあるように5年間の同一会社で勤務の必要があります。特に、今の会社がもう少しで勤続5年、実は他のタクシー会社に移籍を考えているのであれば、この後に解説するタクセン事案・事故違反の条件をよくよく確認し在籍or移籍を天秤にかけてみてください。移籍してしまうと、法人タクシーのままだと移籍後5年間は優良証を付ける資格が無くなってしまいます…

最近、個人タクシーを開業した仲間の話ですが、所属会社を数回変え、優良証を付ける事なく個人タクシーを開業しました。個人になると、法人時代での事業者としての優良ステッカーが使用できないので優良乗り場を利用できず…本人の営業スタイルもありますが、開業当初は相当苦労したようです。幸い、法人の勤続縛りルールが解けたので、開業後の最初の基準日である3月31日のタイミングで優良証の申請をし、現在は堂々と?優良乗り場で営業しています。

②タクセン事案

タクセン事案と言葉一つにまとめてしまいましたが、ここの説明がタクセンのHPでは一番長くなっています。ざっくり言うと、以下の色々なルールがあるなか、ルール違反をしてしまうと表彰は厳しいという事になります…対象となるルールは以下の4つです。

  • タクシー業務適正化特別措置法(国交省が主務官庁で、運転者というより事業者に対してのルールといった認識で大丈夫だと思います、運行管理者が勉強するやつかな)
  • 道路運送法(こちらも事業者のルールが殆どですが、運送引受義務・区域外営業等が組み込まれていてタクセン研修で話があったような記憶があります)
  • 法人タクシー事業者の安全サービス等に関する評価規定の累積点数が2点以下(事業所の評価に関わるタクセン事案と呼ばれるものです。乗務員証不表示1点・メーター不正使用1点・接客不良2点等々…)
  • タクシー乗り場等適正運営の推進に関する規定の累積点数が2点以下(新人の頃に地図を片手に勉強した銀座乗禁エリアのアレです。乗り場の不正入構、◯◯通りで滞留等々…)

上記のルール違反についての条件は以下の通りになります。

ピンクオレンジ
一般表彰(5年)10年表彰20年表彰30年表彰特別表彰(40年)
5年10年20年30年40年

③事故違反

ピンクオレンジ
一般表彰(5年)10年表彰20年表彰30年表彰特別表彰(40年)
3年3年5年7年10年

よく新人さんが個人タクシーになるためには、10年無事故無違反でなくてはいけないと勘違いしていますが、この表彰も5年無事故無違反が条件ではありません。また、違反に関しては点数が関係するので判断しやすいですが、事故に関しては人が絡んでしまうか否か、物損の大小あるので線引きはどうなっているのか?と思われる方がいるでしょう。個人的見解になってしまいますが、表彰に向けての申請をするにあたって運転免許経歴証明書(過去5年間の行政処分の記録)を提出するので、物損扱いはセーフ、点数に絡むものはアウトといった認識でOKなはずです(不安な方は要確認)

記事を書いてる時に疑問が…緑・オレンジの申請は7年・10年だけどもどうやって証明するのだろうか?◯年〜◯年までの無事故・無違反証明書なのかな…

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店

<銀座で正座の表彰までの流れ>

さて最後になりました、自分の優良証貼り付けまでのパターン。結論から先に言うと、自分は入社してから最短で優良証を付ける事ができました。上記で長々と書きましたが、青の5年表彰を受けるためには…

  • 勤続5年
  • タクセン事案なし
  • 無事故無違反3年

以上の3点と、先程少し記載があった、基準日(3月31日)についての理解が必要になります。

自分は、2013年10月にこの仕事をスタートしました。2018年10月で勤続5年!直近の3年間無事故無違反!これで申請できる!と思いがちですが、実はそうではありません。基準日があるのです…

2013年10月◯日入社
2014年3月31日1年目
2015年3月31日2年目
2016年3月31日3年目(事故違反カウント)
2017年3月31日4年目
2018年3月31日5年目
2019年3月31日6年目(勤続5年

この表で理解できたでしょうか?3月31日からカウントがスタートになり、端数(1日でも364日でも関係ありません)切り捨てになります。新卒入社の方々かわいそう…言い方を換えれば、入社してから3月31日を6回迎えると勤続5年になります。(厳密にいうと、入社日ではなく教習所・研修を終えて運転手として働き始めた日になるので要注意)

また、事故違反に関しては、自分の場合は2016年3月31日〜2019年3月31日までの直近3年間が対象となりました。上記のように表にすると逆算しやすいかな?

やはり怖いのが事故違反。2年目に10日間で累積6点を達成?した自分でしたが、そこからは平穏な日々を過ごしてきました。タクセン事案は勿論何も無し。一足先に優良証をつけた先輩を見て、自分もあと1年か…と1年間そわそわが続き、残りの1ヶ月は気が気ではなかったです。やらかしたら3年間失う!みたいな感じで、いい意味で臆病に運転していたのが良かったのでしょうか、無事に6年目に突入した時はとても嬉しかったのを覚えています。

<乗務員証に優良証を貼り付けるまでの流れ>

2019年3月31日表彰確定
2019年4月営業所で調査
2019年5月(GW明け)申請書類の作成
2019年11月末タクセンが表彰式開催
2019年12月優良証GET!

条件を満たし表彰確定してからは、優良証が待ち遠しいですが、実は貼り付けまでは時間がかかります…自分は、流れを知らなかったので管理者が申請漏れ(過去にあったそうです)をしてるのでは無いかと、何度も状況を確認しました。会社ごとに申請書類の対応時期が異なると思いますが、法人の場合は事業者がタクシーセンターに申請する形になります。

流れとしては…営業所にて表彰資格を満たしているかの調査(プライベートでの違反等、会社側だけでは判断できない部分もあるため)→申請書類作ってくださいの依頼書に一筆(会社によって異なると思います)→空白の約半年間(この間はタクセンは事業所の評価対応で忙しいんだと勝手に思っています)→表彰式開催(青色の最低ランクはもちろんお呼ばれなんてありません。タクセンの新聞には30年表彰・特別表彰の大先輩方の名前が記載されていました。こんな大先輩方がお呼ばれされるのでしょうか)→タクセンに乗務員証を持参し15分程で張り付け完了!

嬉しくて貼りついた当日にツイートしてしまいました。次は黄色(2024年で勤続10年、逆算すると2021年3月までは違反できる笑)を密かに目指しています。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA